【動画】カメは本当にノロいのか?「ウサギと亀の物語」番外編

今回は、

「ウサギと勝負するカメは本当にノロいのか?」

というタイトルです

 

なぜ、このタイルなのか?というと、

・自分に自信がない

・私はダメな人間だ

・生きててもしょうがないので・・・

という方がいらっしゃいます

 

理由は様々ですが、

話を聞いていると、時々、

このウサギと亀の物語に似ている部分が

あるなと感じることがあります

 

うさぎとカメの話は、すでにご存じだと思いますが

ウサギに歩くのがノロいとバカにされたカメが

山のふもとまで、かけっこの勝負を挑んだお話。

 

途中で油断したウサギが寝てしまい、

寝ている間に亀はコツコツ歩き続けてゴールしたので

「油断大敵!」という教訓で有名だと思います。

 

ウサギと亀もそうですが、私たちは、生きている間

何かと比較したくなります

 

ただ、ちょっと考えてみると 亀が、

 

歩みの遅さをバカにされたなら

 

「だったら泳ぎで勝負しよう!」

 

といえ言えば

よかったんじゃないか?と私は思ってしまいます

 

カメは陸では遅いです

 

しかし、海では違います

 

水族館に出かけたことがある方なら

 

ご存じかもしれませんが、

 

ウミガメなどは、ゆうゆうと泳ぎます

 

歩くと時速 350m ぐらいと言われてますが

カメは泳ぐと結構早い

 

時速20Km

自転車ぐらいの速度です

 

人間の泳ぐ速度は時速6キロくらいなので

 

人間と比較しても「ノロくない!」

それに対して、うさぎは基本 泳げません

 

湖や川に落ちた時のために泳ぐ能力は

ありますが、毛が濡れてしまうと

なかなか乾かずに

病気になるリスクが高まるため泳がないです

 

なので、カメが勝負を挑まれたら

泳ぎで勝負しようと話せば、

物語はまた違った展開をみせたと思います

 

 

そして、貴方が自分がダメだというときに、

カメがウサギと走りで勝負しようとしたのと

同じように、

相手の得意分野で勝負しようとして

ダメだと言っていないでしょうか?

 

「どうせなら、自分の得意分野で勝負してほしい」

 

例えば、金槌は金槌の、

のこぎりにはノコギリの良さがあり

役割があります

 

カナズチが木を切れないからと言って

悪くないし、ノコギリが釘を打てない

からといってもダメとは言われないですよね

 

「役目と強味を生かすだけ」

なのに、

カナヅチが木がきれなくてダメなんです

ノコギリが釘打てなくてダメなんですと

自分に対して言ってないでしょうか?

 

「出来ないことだらけ」

私たちは、生まれた瞬間

出来ないことだらけで生まれてきて、

そして、育つ過程で出来ることが

少しずつ増えていきます

 

ですから出来ないことやダメな部分を見れば、

星の数ほど出てきます

 

ある意味、無限に出てくるものを数えても

キリがないんじゃないでしょうか?

 

自分にダメ出しする前に、

自分の良い面や出来る事にもう少し

目を向けて探してみてもいいんじゃないか?

 

どうせするなら、

出来ることで勝負しようというお話でした

 

今回は以上です

 

あなたにとって、これからの毎日が

良い日々ととなりますように♪

=======================

LINEお友だち登録していただくと、メンタル不調を改善するための

「5ステップ動画講座」も視聴できます♪