くじけそうなとき、自分に〇〇を送ろう!

生きている限り、くじけそうになることがあります

くじけそうなとき、苦しくつらく、

気持ちもふさぎこんでしまいそうになりますが

それは、本気で生きている証でもあります

そんな時に、やってほしいことを今回お伝えします

それは、自分に声援を贈るです

山本寛斎さんというデザイナーとして有名な方がいます

かんさいさんは、世界的に活躍されましたが

どうしてもデザイナーになりたくて、

デザイナーの登竜門ともいえる

装苑賞(そうえんしょう)に応募します

候補作品に選ばれ、最終公開審査が行われたとき

会場最前列には審査員である著名なデザイナーたちが居並び

その前を候補作品を着たモデルが歩きます

候補作品がデザイナー学院の学生のものだと

会場の同級生たちから盛大な応援の拍手がわく。

独学の寛斎さんには、応援者は誰もいない。

このぅ! 見てろっ!  と思い

自分の順番になり、モデルがさっそうと

歩き出したその時

ダダーッと会場の一番後ろまで

走って行って、大声で叫んだ。

「その服、カッコいいぞ!」

そしてモデルさんに名前で

「○○ちゃん、きれいだ!」 と叫びました

最初戸惑っていた観客も、この二度目の声にはドッと沸いた。

結果「装苑賞」を受賞します

「装苑賞」を受賞できたのは、この掛け声のためだと言う人もいた。

正直言ってそれもあっただろうと思うといっています

ある意味、自分の声援が、自分を助けた

このように自分に対する自分自身の声援が

自分の人生を変えることもあります

疲れてるとき、辛い時、苦しい時

自分が今一番かけて欲しい言葉を

言ってあげてください

 

多くの人が声援を送ってくれていたとしても、

自分で自分を否定していては

なかな前に進めなくなったりします

でも、多くの人が批判しても、

自分で自分を応援できる人は

前に進めると思います

 

恥ずかしいかもしれませんが

自分で自分に声援をおくってみると

涙がでてくることもあります

諦めの悪さだけなら世界一

おれは私は、まだやれる

くじけそうなとき、自分の心を奮い立たせ

一歩前に進むとき、試していただければ幸いです

自分の声援が、あなたの人生を変えるかもしれません

////////

よろしければ、より詳しいカウンセラーのプロフィールページもご覧ください。

カウンセラーとしての想いや理念、生い立ちについても詳しくご覧いただけます。


アダルトチルドレン・コミュニケーションが苦手・対人恐怖改善・克服なら、ぜひ一度、心のお天気快善カウンセリングをご検討ください。

(電話カウンセリングや、スカイプ・ZOOMでのビデオ通話カウンセリングも可能です)

 

東京都・千葉・埼玉・神奈川 などからもご利用いただいております。

 

(オンラインカウンセリングは、東京都・大阪府・福岡県・広島県・神奈川県・千葉県・岐阜県他、全国からもご利用いただいております)