あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます

昨年 1年間お世話になりました

今年もよろしくお願いいたします

 

さて、お正月と言えば、

おせち料理、書初め、初詣

色々ありますが、いかがお過ごしでしょうか?

 

私の場合は、餅が好きなのでよく食べます

ほんの少し焦げ目がついて膨らんできた餅に

すこし甘辛いお醤油をつけたお餅が大好きです

 

あなたにとってもよいお正月となっていると

よいなと考えています

 

ところで、今回は私が毎年恩恵を受けている

ある簡単な方法をお伝えします

その方法により私は、

住みたいところに、住めるようになったり

最初は無理だと思っていた

1食2万円以上するような高級レストランと

仕事の取引できるようになったこともあります

 

それは、

「お正月に1年の目標を立てる」です

そんなことならやっているけど

叶ってないよという人も

いるかもしれません

 

そんな人に伺いたいのが、

・毎年続けているでしょうか?

・記録を取っていますか?

もしされていなければ、

ぜひやっていただきたいです

 

 

目標達成が出来る出来ないは別にして

とにかく紙に書いておく

そして、引き出しにしまっておいて1年後

見直してみると結構面白いです

 

たとえば10個書いたとしたら

そのうちの1つか2つぐらいは叶って

いると思います

 

そして、続けていると

10個中2個だったのが3個・4個と

少しずつ増えていったりします

 

大切なのは100% 全部叶えることではなく

楽しんでやることがコツです

 

よく紙に書くと願いが叶いやすくなると

言われています

 

ではなぜ?叶いやすくなるのか?

実は紙に書かなくても願いは叶います

 

ところが、願ったことを忘れています

または、運よく覚えていても

叶ったことを忘れてしまうこともあります

 

ちょうど、3日前のお昼や夜のごはん

何を食べたか思い出せないように

 

1年前ならなおさらです

 

だから、願ってもかなわないのだと

考えてしまいます

そして願わなくなる

 

しかし、紙に書くと証拠が残ります

そして繰り返すうちに

「願ったら叶う」という

確信が高まり

叶える力が高まってきます

 

ですから、紙に書くと

叶いやすくなるではなく

「叶っていることに気づきやすくなる」

だからより願うようになり

叶いやすくなっているように見える

が正しい表現ではないかと感じています

 

さらに願いを書いた紙には書いた日付を

入れておくとより良いです

 

そして、何年か取っておくと、1年目に

叶わなかったことが2年目や3年目

5年目などに叶っていたりします

 

使っているのは、紙とペンだけです

 

最後にまとめです

1, 願いや目標を紙に書く(年月日も)

2, 100%を目指さない。1個でも叶ったら、願ったら叶うのだと感じること

3, 叶っても叶わなくても楽しむこと

願いをかなえる力は

本来は誰もが持っている能力だと

私は考えています

ただ気づかず活用していないだけ

かもしれません

 

そんなこともあったらいいな?と感じましたら

軽い気持ちでいいので初めてみてください

 

今年1年も、貴方にとって

良い1年となりますよう願っています

 

=======================

LINEお友だち登録していただくと、メンタル不調を改善するための

「5ステップ動画講座」も視聴できます♪