人間は「自由の刑」に処せられている?

 

最近 気になっている単語に

「社畜」という言葉があります

 

相談者の方から

////////////

「就職はできましたが、

所詮は『社畜』でしかなくて

つらいのですが、

辞めるわけにもいかず・・」

////////////

 

不自由さを感じている状況を

お話していただくことがあります

 

 

実際、職場環境は人手不足もあり

厳しくなっていることを感じています

 

 

お話を伺っていると

『メンタル不調の原因は明らかに

労働時間にありますよね・・・』

と言いたくなるような長時間労働で

お困りの方もいらっしゃいます

 

 

そして、よく使われる言葉が

////////////

「しかたがない・・・」

「しょうがない・・・」

////////////

 

 

そしてダメである理由を

ずっとお話される方も

いらっしゃいます

 

私も以前は「仕方がない」を

よく使っていました

 

ところが、あることを知ってから

使うことを辞めました

 

それはどんなことなのか?

これからお伝えします

 

 

例えば猫や犬の容姿が変わることは

ないですよね

 

ところが人は「変身」することが出来ます

 

どういうことかと言うと

着ている服を変えたり、髪形を変えたり

お面を被って違う顔に仮装することも

出来ます

 

そして人は、今や整形技術まで高め

容姿まで変えられる時代になって

きています

 

人はこうでなければならないという

意味や目的があるようで存在しない

 

どこまでも、徹底的に自由であり、

例えばいきなり会社を飛び出して

旅に出たりしてもいい

 

 

親も友人もだれも、自分が何をすべきか

決めてくれないし責任もとってくれない

「~すべき」 「~ねばならない」は

あるようで実は何もない

 

 

人は本来自由な存在であり

どこまでも自由な状態から

解放してもらえない・・・

 

だからこそ 日々悩み

選択肢が多すぎて時に苦悩する

 

このことを、フランスの哲学者 サルトルは

「人は自由の刑に処せられている」と

言っています

 

親や生まれてくる場所は選べませんが

どう生きていくかは選べます

 

しかしながら

「自分は○○である」という

思い込みのあらゆる自己イメージが

自分を束縛している

 

人の可能性は本来は開かれている

 

 

それを「社畜」という単語で

自分を縛っているということです

 

 

例えば、男の私が今から

真ピンクの服を買いに行って着てもいい

 

 

ただ、

「男が真ピンクの服なんて・・・」

と羞恥心や固定概念が邪魔して

着ることができない

 

 

そのことに気づいていただくために

「普段着ない色(比較的派手)の服を買って

着てみてください」と

お願いすることもあります

 

そして、自分を束縛している思い込みや

言葉の意味について考えていただき

本当にやりたいことは何なのか?を

一緒に見つけていくセッションも

行っています

 

 

中には、本当にやりたいことを見つけ

結果転職し収入が大幅アップした

相談者の方もいらっしゃいます

ご興味がある方はご相談ください

 

以下から ご質問・ご感想 お待ちしています

LINEお友だち登録していただくと、メンタル不調を改善するための

動画講座も視聴できます♪